2023年2月10日、人事参謀は「転職参謀」に改称いたしました。
転職 年収 下がる 20代

20代で年収が下がる転職はあり?人事プロが回答

悩めるビジネスパーソン

現在20代で、転職活動をしています。
気になっていたベンチャー企業からオファーをもらったのですが、年収が50万円ほどダウンになります。
20代だと転職で年収がアップするイメージがあったので迷っているのですが、20代で年収が下がる転職はありなのでしょうか

 

今回のテーマは「20代で年収が下がる転職はありなのか」である。

結論から申し上げると「20代であれば年収がダウンしても将来的に取り返せる可能性が高いが、本来、20代は転職市場における強者である。よって、いくつかの場合を除いてわざわざ年収が下がる転職を選ぶことはおすすめしない。本記事では20代で年収が下がる転職がありな場合、なしな場合について網羅的に解説していく」という内容になっている。

 

初めて訪れた方のためにお伝えしておくと、当サイト「人事参謀」は以下の経験を持つ人事・転職のプロフェッショナルが執筆している。

筆者の専門性や実務経験に基づき、机上の空論を一切除いて本音で執筆しているので、安心してお読みいただきたい。

  • 4回の転職を経て、30代前半で東証一部上場企業(現・東証プライム上場企業)の人事執行役員/年収1,800万に至った経験
  • 難関企業における勤務経験(外資/日系、大企業/ベンチャー、戦略コンサル)
  • 人事面接官として多数の候補者の面接を行った経験
  • 人事マネージャーとして転職エージェントや転職サイトを活用し、採用を実施した経験

 

この記事を読むことで20代で年収が下がる転職をしてよい場合・してはいけない場合が根拠とともに分かり、転職する決断、もしくは転職しない決断が出来るようになるだろう。

 

結論

まず、本記事の結論を記載しておく。

箇条書きで記載しているため、詳細は本文中で確認していただきたい。

 

20代で年収が下がる転職がアリな理由は、以下の通りである。

  • 年収のダウン幅が少ない可能性が高い
  • 20代であれば後から取り返せる

 

20代で年収が下がる転職がナシな理由は、以下の通りである。

  • あまり良い評価が得られていない可能性がある
  • キャリアダウン転職になっている可能性がある

 

20代で年収が下がる転職はおすすめしないが、受け入れてよいケースもある。受け入れてよい典型的なケースは、以下の4通りである。

  1. 未経験での転職
  2. 第二新卒としての転職
  3. 間違いなくキャリアアップとなる場合
  4. 高給かつ長時間労働の企業からの転職の場合

 

20代で年収が下がる転職がアリな理由

20代で年収が下がる転職をすることには、30代以降での年収ダウン転職に比べて「マシ(=アリ)」な部分もある。

まずは20代で年収が下がる転職がアリな理由について、簡単に解説しておく。

 

年収のダウン幅が少ない可能性が高い

20代であれば、年収が下がる転職したとしても、年収のダウン幅が小さい可能性が高い。

もちろん個人差はあるのだが、20代だと元の年収が1,000万に届いてない人も多いと思うので、50万~100万程度のダウンに留まることが多いだろう。

 

20代であれば後から取り返せる

20代で年収ダウンをした場合には、その後に取り返せる可能性が高い。

会社員としての残りの人生が長いため昇格・昇進のチャンスが多い上に、20代での転職における年収ダウン額が小さいので取り返しやすいという面もある。

 

20代で年収が下がる転職がナシな理由

前項とは逆に、20代で年収が下がる転職がナシな理由についても、簡単に解説しておく。

 

あまり良い評価が得られていない可能性がある

これは日本だけの事情ではあるが、人手不足の昨今にあって、一部のトップ企業以外は若手不足が深刻である。

20代は転職市場では強者であるため、基本的には年収アップを期待して良いはずである。

 

そんな中、わざわざ年収ダウンとしてくるオファーは、そこまで真剣にあなたを採りにきていない可能性が高い。

もっと率直に言ってしまうと、面接等での評価があまり高くなかった可能性や、かなり低い等級(格付)からのスタートとされている可能性もある。

 

キャリアダウン転職になっている可能性がある

キャリアアップという言葉があるが、キャリアというのは曖昧なものである。

キャリアを表すものの中でも、最もわかりやすい数値的な指標が年収である。

 

年収はキャリア価値のバロメーターとして使われるため、年収をダウンさせるとその後の転職に響く場合が多い。

年収を下げて入社した先で長く続くとは限らない(=再転職の可能性がある)ことを考慮すると、年収は出来る限りキープするべきだろう。

 

20代で年収が下がる転職を受け入れてよいケース4つ

既に述べた通り、本来、20代は転職市場での強者である。

20代で年収が下がる転職となるのは、普通であるとは言えない。よって、基本的には20代での年収が下がる転職はおすすめしない

 

ただし、20代であれば年収のダウン幅が小さく、後から取り返しやすいことも事実である。

そのことも踏まえて考えると、以下の4つのケースであれば20代でも年収が下がる転職を受け入れてよいと言えるだろう。

  1. 未経験での転職
  2. 第二新卒としての転職
  3. 間違いなくキャリアアップとなる場合
  4. 高給かつ長時間労働の企業からの転職の場合

 

未経験での転職

未経験での転職となる場合には、ある程度の年収ダウンを受け入れても良いだろう。

年収というものは、基本的に専門性やスキル、経験に応じて上がっていくものであるため、それらをリセットしてやり直す場合にはある程度の年収ダウンも合理的と言えるからである。

 

ただし、「転職で年収が下がる!転職すべき場合、すべきでない場合をプロが解説」で記載した通り、未経験でも年収をキープしてくれる会社も存在する。

年収を下げたくない場合には様々な転職エージェントを使い、出来る限り多くの求人をかき集めた方が良いだろう。

>>20代向け転職サイト・エージェントおすすめ厳選3つ+α

 

第二新卒としての転職

未経験転職の場合と近いが、新卒入社した会社で1~3年程度勤務した後に、いわゆる第二新卒として転職する場合であれば、若干の年収ダウンを受け入れても良いだろう。

第二新卒の転職市場は活発であるが、あくまで最初の会社に合わなかった人のための場であって、キャリアアップするための場ではないからだ。

>>第二新卒・既卒・フリーター・ニート向け転職(就職)サイト・エージェントおすすめ厳選3つ+α

 

間違いなくキャリアアップとなる場合

日系大手の人気企業においては、年次ごとの給与が厳密に設定されていることが多い。

転職前の年収をほとんど考慮せずに報酬設定をする会社も、未だに存在する。こうした企業に転職する際、前職が初任給高めの新興企業だったり、出来高制のボーナスがある企業だったりすると、年収ダウンとなることが多い。

 

とはいえ、日系大手の人気企業に入社できるのであれば、その後の年収まで考えると大きなキャリアアップになることが多いだろう。

このように、今よりも間違いなく社格や平均年収の高い企業に転職できる場合には、一時的な年収ダウンを受け入れる価値は十分にあると言える。

>>キャリアアップするには?キャリアアップに必要な全プロセスを人事プロが解説

 

高給かつ長時間労働の企業からの転職の場合

高給かつ長時間労働の企業(いわゆる激務高給の企業)からの転職の場合には、20代であっても年収ダウンを受け入れる余地が大きい。

この典型的な例は、コンサルティングファームからの転職である。コンサルティングファームであれば、20代で1,000万近く、もしくはそれ以上に稼いでいる人も普通に存在する。

 

齋藤
この場合には、現実問題として年収をキープして転職できる会社が非常に限られてきます。一例を挙げると、楽天やDeNA、ファーストリテイリングなどの新興企業に限定されがちです。

 

コンサル等の激務高給の企業から長時間労働を嫌って転職する場合には、年収をダウンさせたとしても、その後に穏やかな会社員生活ができるようになる場合が多い。実際、筆者は激務高給の企業から転職して後悔している人をあまり見たことがない。

>>コンサルを辞めたいならすぐ辞めるべき6つの理由|元戦略コンサルの人事プロが解説

 

まとめ

20代とはいえ、安易に年収を下げる転職をすることはおすすめできない。

年収を下げて転職するのは、本記事でご紹介したケースに限定したいものである。

 

転職サイトや転職エージェントは無数にあるが、それらを紹介するランキングやおすすめサイトの信憑性は低く、どのサイトに登録すべきか悩む方は多い。

迷ったら、年代でも性別でもなく、シンプルに年収で決めるのがおすすめである。

  • リクナビNEXT年収800万円未満の場合。日本最大級の公開求人を掲載、エージェントも豊富
  • JACリクルートメント 年収800万円以上の場合。大手および外資系を中心に、日本最大級の非公開求人を保持

 

人材企業の最大手リクルートが運営するリクナビNEXTは、年収が800万を超えるまでは万能の転職サイトだと言える。(それ以上の年収帯では案件が減る)

掲載求人が豊富なだけではなく、リクナビNEXTには多数の転職エージェントが参加しているため、網羅的に求人を探すことが出来る。

 

JACリクルートメントは、筆者が最も信頼している転職エージェントである。転職エージェントとしては日本最大の売上高を誇り、求人の多さ、エージェントの質ともにダントツである。

ただしJACはハイクラス・ミドルクラス向けのため、そのスペックをフル活用するには年収800万円程度が必要だ。

転職 年収 下がる 20代
最新情報をチェックしよう!